鈴木司法書士事務所
鈴木司法書士事務所>債務整理>自己破産>自己破産の流れ

自己破産の流れ

1.自己破産・免責の申し立て

2.破産の審尋

3.破産宣告の決定

ここからは、 同時廃止か異時廃止かによって流れが変わります。
同時廃止とは
債務者にめぼしい財産ない場合に、いちいち破産管財人を選任して財産調査をするのは費用も時間も掛かってしまいます。そこで管財人を選任せず、その財産の換価、債権者への配当もすることなく、破産開始決定と同時に破産手続を終わらせてしまうこと
異時廃止とは
破産申立ての当初は、財産があると思われ、同時廃止の手続きを取らなかった場合でも、破産手続開始決定後、破産管財人が選任され、破産手続が開始された後で、財産が少なくて破産手続費用も捻出できないとわかった場合に、破産管財人の申立てまたは、裁判所の職権によって、破産手続廃止の決定が下され、破産手続きが終了するもの

同時廃止の場合異時廃止の場合

同時廃止
4.官報に掲載

5.破産の確定

6.免責の審尋

7.債権者の異議申立

8.免責の決定

9.官報に公告

10.免責の確定・復権

異時廃止
4.管財人の選任

5.債権者集会

6.債権確定・配当

7.官報に掲載

8.破産の確定

9.免責の審尋

10.債権者の異議申立

11.免責の決定

12.官報に公告

13.免責の確定・復権

お電話で相談の方
03-5269-4230
月~金曜日
(午前9時30分~午後6時)


メールでお問い合わせ
24時間対応

債務整理に関して

債務整理ってなに!?

過払い金返還請求とは・・・

借金問題の過去の事例


事務所概要


(c)鈴木司法書士事務所